時代と共に変わってきた結婚式場

文化や値段に左右される!結婚式場の歴史とは?

戦後の日本ではキリスト教式の教会を使って結婚式を挙げる夫婦が一般的ですが、一方メジャーな結婚式場は時代によって変わるものです。江戸時代における日本の結婚式と言えば自宅で行なうのが一般的でした。今で言う「結婚式」よりも「披露宴」がメインのセレモニーであり、その内容も大きく異なっていたのです。一方高度経済成長期から結婚式に対する意識も大きく変わり、ホテルウエディングが全国各地に広がりました。 一方バルブ崩壊後の日本ではお金のかからないレストランウエディングを行なう夫婦も増えているのです。こうした結婚式は新郎新婦と参列者の目線が近しい式としても有名です。結婚式場は歴史や文化、そして経済状況によって変遷するものなのですね。

値段から考えたい結婚式場

結婚式場はお金を惜しまない事によって多様な場所から選べるものです。これが戦前の日本と大きく異なる点です。例えばお金を惜しまない場合、ホテルだけでなくゲストハウスを貸し切って挙式する事も可能なのです。ゲストハウスであれば内部にチャペルだけでなくヨーロッパ洋式のお屋敷が建てられている場合もあるのです。映画に出てくるヨーロッパ風の結婚式が行ないたい夫婦にとって理想的な場所ですよね。 一方レストランウエディングは参列者を収容できる人数が少なく、だからこそ挙式費用が安価に抑えられます。それでいて料理にこだわれるのも嬉しいポイントなのです。 戦後の日本では夫婦によって結婚式を行う場所は異なっています。懐具合と相談して最も理想的な結婚式場で挙式したいものですね。

結婚式を少人数